回顧注目馬の出走成績はこちら

【競馬との出会いとギャンブル遍歴】趣味は競馬!自信を持ってそう言える理由!

本気でプロ馬券師になりたかった。

僕の昔話をしたいと思います。なぜこうも競馬に熱中しているのかということに繋がる話かもしれません。

実は僕は、20歳くらいのとき、本気で、こう思っていました。

馬券生活してえなあ〜。いつかプロ馬券師になりたい。

ちょうどそのころ、『モバゲー』というSNSが流行っていて、入会審査が必要な、馬券プロ集団が集まるサークルに入って、毎週予想や情報交換をしていました。今振り返ると、あの時本気で馬券生活に向かわなくて良かったと安心してしまいますが(笑)。

そのころはまだ穴馬を見付けることなど全く出来なくて、自分にとって思いもよらない穴馬が、穴をあけたときに、その理由を突き止めることもなく、

こんな馬が馬券になるなんて有り得ない。事故だ。たまたまだ。

という感じで、深く考えもせず、見過ごしていました。もしそのような状態で馬券生活に突入していたら?と思うとゾッとします。

そのころは若くて、給料も少なく、なかなか自由に使えるお金が少なかった記憶があります。

使ってはいけないお金で馬券勝負をして勝ってしまった成功体験

そんな時、ある悲劇が起きました。

ある日、気分よく、軽快に車を飛ばしていたところ、警察にスピード違反で捕まってしまったのです。

ちょうどその時、少ない給料でやりくりしていたので、罰金を払うお金がありませんでした。人に借りるのは絶対嫌だとまず思いました。親に借りるのも、止めようと思いました。

こうなったら、馬券で増やしてやる!

という結論に至りました。

そこで、厳選に厳選を重ねたレースで、単複馬券で勝負に打って出ました。

的中して、お金を増やし、見事、罰金を払うことに大成功したのです。

若さゆえに出来ることですが、競馬で変な成功体験を若くしてしてしまったのです。こんなことが起きると、なおさら、馬券に熱中していくのはいうまでもありませんでした。毎週毎週WINSに通い込み、単複馬券で勝負を繰り返す、という日々でした。

そのころは、どちらかというと、単勝10倍以下の馬を買うことが多かったです。 更に、今みたいに、全レース買うことなどありませんでした。朝イチのレースから、狙いのレースが訪れるまで、ひたすら待つ。待つことも大事だというのをなぜか心得ていて、ここだと思ったときに、少ない給料から、なけなしのお金を賭けていました。

そのころの買い方は、本命馬に単勝1000円、複勝2000円。という形で統一していました。今の僕のスタイル(単勝:複勝 1:3)とは若干違いますが、単複馬券は若くして使っていた戦法でした。なぜ単複戦法を使っていたか。それは、里中李生という作家の競馬本をその頃見付けて読み込んでいた影響でした。なかなか良いことを言っていた人だと思います。興味のある人は、読んでみたら、意外と面白い発見があると思います。

脳汁溢れ出す、穴馬券の破壊力。

またそんな15年前の、ある日、穴馬の単複を的中という、その頃の僕にとっては、脳汁が溢れ出すような経験もしました。

忘れもしないその馬の名前は、『サクラマジェスティ』。

デビュー2戦目、単勝30倍、複勝5倍の単複馬券をそれぞれ、1000円2000円と購入していたのです。

なぜその馬を買ったかというと、ちょうどそのころ、騎手と調教師の関係に着目していて、より強いタッグを発見しては、買い材料に加える。ということを意識していました。すると、個人的に注目していた、蛯名騎手と田中清厩舎のコンビが出ているではありませんか。思い切って買ってみたところ、なんと勝ってしまいました。ゴール前は、もう大絶叫でした。午前中のレースから絶叫している人なぞ周りにはいませんでした。友人と観戦していたのですが、『おい!やめろって!うるさいって!恥ずかしいべや!』と言っていた記憶があります。少し聞こえていたのは確かですが、弱冠二十歳の僕にとっては、もうとんでもないことです。お構いなしに叫びまくっていた記憶があります。そう考えると、最近の若者は真剣な表情で叫ぶくらいの気合いの入ったやつがいなくて寂しいものはありますが。

一瞬にして、3000円が40000円になってしまったのです。もう最高の気分でした。

そんなことが重なり馬券にのめり込まないわけはありませんでした。

ひたすら単複馬券で、負けない競馬をしていました。不思議とお金に困ったことはありませんでしたので、その頃は負けていなかったのでしょう。

ほんとうに毎日が楽しかったです(笑)

パチスロにハマりギャンブル三昧の生活

次第に他のギャンブルはどうなんだろうと思い始めました。その頃は、馬券もパチンコスロットもただのギャンブルだと思っていました。

実はスロットもちょくちょく触ってはいたのですが、なかなか勝てなかったのです。次第に、スロットをやるやつを嫌いになっていきました。なぜなら、いつも、今日は何万勝った、やったぜ!という話しかしないので、毛嫌いするようになっていったのです。その頃は、他人がギャンブルで勝った話を聞くと、嫉妬心が溢れ出していました。今では嫉妬しないで、逆に凄いなぁ!と素直に思えるようになっていますが。まあギャンブルで勝った人を嫉妬しているようでは、その人は、まだギャンブルをするスタートラインに立っていないと思います。次第に本業の収入も上がり、ギャンブルなんてしなくてもよくなるんですから。まずはそんな嫉妬心が、生まれないくらい本業で稼ぐのが第一ではないでしょうか。

僕は馬の仕事をずーっとしているので、競馬を見なくてはならないのです!もちろん小学生の頃から競馬観戦はぼくの中で最強の趣味でしたので、見るだけでも良いのですが、いかんせん仕事が競馬関係なもんですから、レースを見ることによって、レースを予想することによって、よりその業界のことが見えてくるのです。

あの有名な岡田牧雄氏も、馬の仕事をする以上は馬券は買わないといけないと著書で仰っていました。

全く同感です。

話を戻します。

時がたち、以前ほど馬券をやらなくなりました。その理由は、あれほど毛嫌いしていたパチスロをやる人間に自分もなってしまっていたのです。

年間365日ありますが、300日くらいはパチスロに通っていました。そこで出た結論は、勝った負けたを繰り返し、二度と戻ってこない貴重な時間を賭けた割には、あんまり得るものはない。ということでした。その年の年間収支はプラスだったのですが、どうも時間かかる割には、大きくは勝てないし、負けることは多い。何より、時間がかかり、だらだらするのが苦痛なのと、ずっと座りっぱなしで両手を動かすのもほんとうに体力的にきついのです。それと運の要素が強すぎる、自分でコントロールできる幅の少ないギャンブルだと思いました。競馬とは質の違うギャンブルだと思います。

例えば設定が入っていない日に高設定をいくら探してもありません。もちろん設定が入るだろう日を狙いを定めて店選びはしなければなりませんが、パチスロの場合行く店ってある程度固定されるんですよね、様々な事情で。その中で、あるのかないのかわからない高設定を探し続ける作業が苦痛になりだしました。そしてとどめの出玉規制です。これはもう撤退しなければと思い、本格的に馬券をやるようになり、現在に至ります。

パチスロと競馬の二刀流は可能なのか❓

一時期、馬券もパチスロも両方やったりとかなり無茶苦茶なギャンブル三昧な日々を送っていましたが、二刀流は無理です。

それを生業とするなら可能だと思いますが、仕事をしながらこなしていくのは、質が落ちますし難しいのかと思います。

僕の場合は、パチスロは、あまり価値のない、時間の無駄遣いであるという認識が自分の中にあります。実は5年くらい前まで、結構な頻度でパチスロに通ってましたが、どう考えても、競馬の方が人生のためになるし、生きていくヒントが盛り沢山だと気づき始めました。まあ今でもたまにパチスロにはいくのですが、、、。

馬券と人生の共通点は無数に存在しているという事実

競馬新聞は宝の地図です。宝の地図が500円で売っているのです。しかもその辺のコンビニに。この事実は誰にも言いたくないほどの格言だと僕は勝手に思っています。(笑)

そして何より、物事を様々な角度で分析することが出来、競馬以外のことでも、通じる部分がたくさんあります。仕事と競馬予想の関係はとても似通ったものだと思います。競馬予想の考えは人生や仕事の考えに活かせますし、予想した後には、『お金を賭ける』という行動を選択することも出来ます。すべての選択肢は自分にあります。人生においても、すべてを選択する権利は、誰にも平等に与えられているはずです。選択肢は無限にあるのです。

賭けるも賭けないも自分次第。決めるも決めないも自分次第。人生にはギャンブルと同じく、何かを決めなければならない時が訪れます。その時も、最後は自分で決めたことをやるわけですから、大勝負馬券購入と人生における大決断というのは、ほぼ同意だと僕は思います。

わかってくれる人はあんまりいないと思いますがね。

馬券と人生の結び付きは、多くの方が気づかれていることだと思います。

例えば、競馬にまつわる名言の一つに、作家のヘミングウェイは

『競馬は人生の縮図だ。これほど内容の詰まった小説は、ほかにない』

という言葉があります。

さらにあの寺山修司はこんなことを言っています。

『競馬が人生の縮図なのではない。逆だ。人生が、競馬の縮図なのだ。』

本当に僕の好きな言葉です。

どちらかといえば、僕は寺山修司派です。ここまできたら、はっきり言って頭おかしいと思われても仕方ないようにも思えます。

全レース馬券購入して、尚且つ回収率100%超えが理想

こんな感じで、僕は競馬、馬券に対して、人生を賭ける決意で生きていますので、負けてお金がなくなるわけにはいかないので、やるからには大儲けしたいのであります。結局最後はお金の話になるのはギャンブルというものの宿命ですね。

理想は、全レース馬券購入して、その都度、ドキドキのスリルを楽しみ、なおかつ、回収率100%超えが最終形態だと思います。

今はまだその理想は叶えられそうにないと思いますので、まずは回収率100%を達成することが当面の目標となります。

このブログでは、それを達成するための、情報やデータを集めることができたらと思います。

日々頑張ろうと思いますので、この記事を目にした方は、暇な時は是非、当ブログに遊びにきてください。

よろしくお願いいたします。

いいと思ったらリツイートお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA