回顧注目馬の出走成績はこちら

2022年9/18中山競馬レース傾向回顧。次走注目馬、軽視馬、不利馬チェック。

含水率高く良馬場スタートも、雨が降り次第に馬場が重くなり、少しでもペースが上がると先行勢はキツくなり差しが有利になるレースあり。そこでの不利馬多数出現。1200は基本は内ラチ有利だし、先行有利で構わない。距離によって狙い方は変わってくる。

注目馬、軽視馬、不利馬チェック。

2r 2歳未勝利 芝2000m 5着 マンマリアーナ 終始外回しの不利競馬。未勝利レベルならいつでも勝てる。 3着 ジュドー 調教の動きが平凡にもかかわらず、終始外回しの3着を評価できる。新馬戦も2番人気だった馬でもあるので要注意。

4r 2歳新馬 芝1200m 1着 スピードオブライト 昇級でも通用の感。時計が遅いが含水率と直前の雨の影響で稍重馬場になった影響は否めないので評価可能。

3着 ルーフ スタート決めるが、外に寄れそうになったのを修正する大幅な不利あり。それがなければ普通に先行してこうレースをしていた可能性大。結果的に脚が溜まり大外追い込みを見せて2着と次走はこうレース必至の特注馬。

5着 ペインティトブルー スタート少し遅いが二の足の速さは魅力なので次走は外目の枠で被されない隊列ならスピードを活かせるはず。

5r 新馬戦 芝1600m 4着 エミュー 直線勝ち馬に前カットされそれでも伸びて4着。この不利はかなり大きかった。

7r 1勝クラス ダ1200m 13着 ミッキーエイト 超折り合い難。スタートも悪いし狙いはなさそうだが引き続き1200mで外枠に入った時に多少折り合いがついた時に好走する可能性はあるので条件を見定めて狙いたい馬ではあります。

8r 1勝クラス 芝1800m 6着 オレンジフィズ 一年以上の休養明けでこの馬場コンディションで先行してこの競馬はこのクラスで力上位は明白だと示した。昨年のフラワーカップで0.6差、スイートピーでも0.5差と実績もあり次走以降は人気になりそうだがそこまで人気にならないことを願いながら出走を待ちたい特注馬。

9r 2勝クラス ダ1200m  3着 エクサープト 前走でブリンカー着用して一変。今回も着用して好レース。次走以降も引き続きブリンカー着用なら狙う。

10r 3勝クラス 芝1800m 2着 アナゴサン 相手なりだし展開不利の中2着。 5着 ウイングレイテスト 展開不利 7着 ストゥーティ 展開不利

いいと思ったらリツイートお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA