回顧注目馬の出走成績はこちら

2022年 9/17中山競馬レース傾向分析。次走注目馬、軽視馬、不利馬チェック。

本日の傾向は明日には役に立たない。天気の悪化が見込められるため。

芝レースはクッション値が高いせいか追走も楽になり、内前先行の利が強く出ていない印象。

ダートは基本前有利のフラットという見方。ペースにより力のある馬が力を出せる馬場。

注目馬、軽視馬、不利馬チェック。(次走以降条件により狙い分け)

1r 2歳未勝利 ダ1200m 上位二頭のみ評価。低レベル戦。2着のリリージェーンは次走も狙い目あり。

2r サトノダイヤモンド産駒はこれでダート成績が2戦出走して、1着一回2着1回となった。ダート意外に走れる可能性を感じました。ちなみに母父はシニスターミニスタートサウスヴィグラスなので母父が米国系の場合にダートで狙えるかもしれません。特注です。

4r 新馬戦 ダ1800m 2着 ラフエイジアン 次走普通に人気になるであろうが、3着に7馬身差。勝ち馬はイルディヴィーノ。

5r 新馬戦 芝1800m 勝ち馬はティファニードンナ。注目は、2着のスノードーム。3着に4馬身差をつけ2歳未勝利は順番でしょう。どうしてもこうなってしまう。人気馬に偏ってしまうが仕方ないと思う。

8r 1勝c ダ1800m 1着 オクトニオン 次走は昇級になるし恐らく人気にならないと思う。しかし本馬は今回大幅タイム短縮、勝ちっぷりも良い。4馬身差の楽勝でもあった。

9r 2勝c ダ2400m 3着 ウォーロード 6着セブンデイズ。 前者はずっと外3回し。コーナー全部。6回全部外3回しは酷かった。後者も同じく。後者は中山は合わないと思う。東京での好走が目立つし器用さの求められる中山は合わない可能性も。

12r 1勝c 勝ち馬のサクセスシュート。 昇級でも人気にならなければ狙いたい。このレースは先行不利レース。

いいと思ったらリツイートお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA